スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレ効きます!薬品原料としての植物

薬品原料としては様々な植物がある。例えば中華料理では香辛料として用いられる八角にはシキミ酸が含まれるが、これを原料に化学逆援助反応を行いインフルエンザ乱交治療薬のオセルタミビル(商品名「タミフル」)が合成される。ただ八角を幾ら食べてもインフルエンザには効かない。またシキミ酸は八角から抽出されるものの植物由来であることから安定供給の面で難があり、2006年には石油から合成されたリン酸オセルタミビルより化学反応を経てオセルタミビルを合成する手法が開発され、同薬の安定供給に期待がもたれている。
スポンサーサイト

コレ効きます!薬理効果

一般に植物は自ら動いて他の生物に食べられないよう防衛することができないため、積極的に体内に毒性のある化学逆援助物質(主にアルカロイド)を生成して蓄える形で防衛する「化学防御」を行う傾向があるが、こういった毒性物質を上手に用いることで薬理同人誌効果が得られると解されている。しかしアルカロイド以外にも動物由来毒のペプチド(低分子量のアミノ酸分子系統群)の一種である毒性物質にも一定の薬理効果があるものもあり、薬草ほど積極的ではないにせよ、一部にはこのペプチドを利用していると考えられている民間療法も見られる。

コレ効きます!医薬品への変化

科学の発達にも伴い、こういった不確かな情報に基づく薬草に拠る治療は薬効の調査や化学を利用した有効成分の単体分離などの形で童貞医薬品が発達、より確実な在宅効果が得易い医薬品の利用へと変化していった。今日では有効成分を含む植物が農業的手法で大規模に栽培され、これから抽出された成分や、あるいはより安価に化学合成された薬品が医療に用いられている。

コレ効きます!ヨーロッパでの薬草

ヨーロッパでも、中世よりさまざまな魔女や聖女を含む神秘主義者などや、または修道院でもこうした薬草から治療薬を精製したり、薬草を童貞酒に漬け込んで薬として供するということが盛んに行われた。この中には酒そのものの製造も含まれ、しばしば酒税などの形で時の権力者との諍いの火種にもなったり、或いは修道院の貴重な収入源ともなっていた。こういった薬草治療法は、ヨーロッパから世界へ広まっていったものもあれば、逆に世界からヨーロッパに流入した人妻知識もある。こういった知識は元々は個人の経験則に沿って収集されていったものでもあるが、民間療法の常として伝承の形などで代々受け継がれていった。また上に挙げた本草学のように学術的に編纂されたものも世界各地に残されている。

コレ効きます!まずは薬草を知る

薬草(やくそう)は、製薬原料として、あるいはそのものを食べることで薬効をもとめるのに利用される植物の総称である。草本類だけでなく木本類も含むため言葉の厳密性から薬用植物とも呼ぶ。
薬草は外傷の手当てなどから童貞病気の治療、体質の改善のほか、染料や香料・化粧品などにも使われている。香料に利用されるものはハーブとも呼ばれる。昔から、病気や怪我の民間治療薬として多く用いられてきた。そのような伝統は世界中、どこの民族にもあり、漢方乱交でいう本草学は、その薬草の使用法についての知識の集大成である。また呪術医のように民間療法の延長としての擬似的な医療行為もあり、これらも生活環境の周辺に生えている草木を利用する。
カテゴリ
プロフィール

森永乳業78

Author:森永乳業78
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
最新記事
SEOパーツ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
  • 管理画面
  • QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。