スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレ効きます!オタネニンジンその6

江戸時代には大変に高価な生薬で、庶民には逆援助高嶺の花だった。このため、分不相応なほど高額な逆援治療を受けることを戒める「人参飲んで首括る」のことわざも生まれた。韓国では煎じたものを人参茶(インサムチャ)として飲用したり、サムゲタンなどの料理にも利用するほか、乾燥させる前の「水参」(スサム)をスライスして蜂蜜につけて食べたりもする。人参入りの栄養ドリンクやガム、石鹸なども市販されている。人参石鹸は韓国土産の定番でもある。釜山の港の売店には高麗人参味のハイチュウが売られているとの情報もある[要出典]。日本においては、韓国料理の材料として用いられる他、天ぷらの材料とする事がある。
スポンサーサイト

コレ効きます!オタネニンジンその5

皮を剥ぎ、根を天日で童貞乾燥させたものを白参(はくじん、ペクセフレサム)、皮を剥がずに湯通ししてから乾燥させたものを紅参(こうじん、ホンサム)ということもある。なお、日本薬局方においては、根を蒸したものを紅参としている。他に、濃い砂糖水に漬け込んでから乾燥させる糖参もあり、白参に分類される。


コレ効きます!オタネニンジンその4

主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノセフレサイドとよばれるサポニン群であり、滋養逆援強壮に効能があり、古くから飲用されてきた。血圧を高める効能があるため、高血圧の人は控えるべきであると言われてきた。しかし、血圧の高い人が飲むと下がるという報告もあり、実際は体に合わせて調整作用があるともいわれている。また、自律神経の乱れを整える作用もある。

コレ効きます!オタネニンジンその3

古くから薬効が知られ童貞珍重されていたが、栽培は困難であり18世紀はじめの李氏朝鮮で初めて逆援成功した。韓国では忠清南道錦山郡と仁川広域市江華郡、北朝鮮では開城が産地として有名。中国では長白山(白頭山)の麓で「長白山人参」として栽培される。日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束町)などが産地として知られる。 栽培にはおよそ四年ほどの月日を掛けた上で収穫されるが六年根も存在する。栽培物より天然物の方が薬効が強いが、野生の人参の採取は非常に困難であり、産地でも高値で取引されている。

コレ効きます!オタネニンジンその2

日本では古くから「朝鮮人参」と呼ばれてきたが、韓国においては単に「人参」(正確には「人蔘」)(メル友インサム)と呼ぶ。韓国ではセフレニンジンは「唐根」(タングン明確に区別する。土産物用、輸出用の人参製品には「高麗人参」(コリョインサム)と表記されるが、これは現在の韓国で「朝鮮」という呼称を忌避しているためである。なお、「高麗」はかつて朝鮮に存在した統一王朝の名称であり、公式には高麗時代から栽培が始まったと考えられるため、「高麗人参」と呼ぶという説明がなされている。

コレ効きます!オタネニンジンその1

オタネニンジン(御種人参) は、セフレウコギ科の多年草である。薬用出会い植物であり、チョウセンニンジン(朝鮮人参)、コウライニンジン(高麗人参)、単にニンジンとも呼ばれる。ニンジン(人参)の名称は、枝分かれした根の形が人間の姿を思わせることに由来する。野菜のニンジンはセリ科であり、本種とは近類種ではない。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域とされ、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。現在、全体の70%以上が韓国と中国で栽培されているが、日本でも江戸時代から栽培されている。中国東北部では棒槌(ぼうつい)とも呼ばれる。





コレ効きます!決明子

決明子とは、エビスグサの種子の人妻生薬名。有名な生薬であり、日本薬局方に出会い収録されているが、漢方方剤(漢方)では、あまり使われず、民間薬のようなものである。また、決明子は「ハブ茶」として流通していることが多い。しかし、ハブ茶というのは、本来はハブソウの種子(望江南(ぼうこうなん))であり、決明子は、その代用である。効能は、便秘や、眼の症状(結膜炎など)

コレ効きます!クチナシ

クチナシは、東アジアに広く分布し、日本では本州の静岡県以西、四国、九州、南西諸島の森林に自生する。野生では森林の低木として人妻出現するが、園芸用として栽培されることも多い。品種改良によりバラのような八重咲きの品種も作り出されている。人家周辺に栽培されることが多い。ただし、クチナシを植えるとセフレアリが来るといって敬遠する例もある。果実にはカロチノイドの一種・クロシンが含まれ、乾燥させた果実は古くから黄色の着色料として用いられた。また、発酵させることによって青色の着色料にもなる。これは繊維を染める他、食品にも用いられ、サツマイモや栗、和菓子、たくあんなどを黄色に染めるのに用いられる。また、大分県の郷土料理・黄飯の色づけにも用いられる。クロシンはサフランの色素の成分でもある。果実は山梔子(さんしし)と呼ばれ、日本薬局方にも収録された生薬の一つである。煎じて黄疸などに用いられる。黄連解毒湯、温清飲、五淋散などの漢方方剤に使われる。




カテゴリ
プロフィール

森永乳業78

Author:森永乳業78
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
最新記事
SEOパーツ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
  • 管理画面
  • QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。